会社を休職する時と退職する時の書類の話

うつや精神不安が続くとどうしても仕事に支障が出てくるようになります。 仕事の効率が落ちる⇒業績、業務に影響が出る⇒追いつこうと頑張りすぎる⇒うつや精神不安がますますひどくなる このようなスパイラルに陥りやすいです。私が思うに、うつになる人は基本的にはまじめで頑張り屋さんの人が多いと思うので、ついつい無理して頑張ってしまう傾向が強いです。私の主治医が興味深いことをおっしゃっていました。 「日本人はまじめな人が多く、うつの症状などから仕事に影響が出始めても、頑張っちゃうんです。しかし、欧米人はすぐ休みますよ。なぜか? 彼らの世界では実力主義、結果主義であるため、自分のパフォーマンスが落ちたと思えばすぐに医者を受診し休職する。そしてまたベストな状態でよいパフォーマンスができるように体調を戻すと」 私は、聞いてなるほどと思いましたね。なんせ10年ぐらい睡眠不調が続き年々仕事のパフォーマンスが落ちていたにもかかわらず、会社で病気と思われるのが嫌で、余計仕事を無理していたと思います。で最終的には会社を休職して復帰できないまで重症になったのです。 もし、先述の欧米人のように、もっと早く受診して治療していれば、復帰ができていたのではなかったかと思います。 うつ病という言葉、会社でのメンタルヘルスの問題などはほんと最近多く耳にすることが多くなってきたけど、私の時代はそんな言葉なく精神病=やばい人みたいな概念があった。なので、心療内科や精神科に診察に行くのはものすごく抵抗があったので、余計に治療せず…

続きを読む

今日はお金の話

うつ病にかかわるお金をケースよつて分けます会社在職中会社休職中会社退職後 ただし、今回は社会保険加入の会社に勤めている方が対象です。 会社在職中 うつを発症したが、治療しながら会社で継続できる制度は「自立支援制度」があります。 この制度は、市区町村が窓口になり必要な書類をそろえて申請するものです。 *うつ治療にかかわる費用(診療代、薬代)が1割負担になります。 私の場合、一回の診療代、薬代が約3000円かかっていましたが、この制度を利用して約1000円程度に抑えることができました。 うつの場合、普通の風のように病院1回行って薬もらって治るようなことは全くありません。長期に通院する必要があるので、この制度は非常にありがたい制度です。ただし、1割負担は通院する病院1か所、薬局1か所しか登録できないので注意が必要です。 たかが2割の違いだけれども、2週間に1回通院すると考えると、年間2万円以上も負担が減るんです。ちなみに会社には連絡は全くいかないので自分から言わない限り、会社にはわかりません。 手続き方法や必要書類は地域ごとに違ってくるみたいですので、調べてみてください。私は、病院が申請手続きまで全部やってくれました。 会社休職中 会社休職中のお金にかかわることは、その会社により変わってきます。私の場合、休職期間中の給与はゼロ。住民税、健康保険料、厚生年金は会社がいったん建て替え。その分会社に振り込み。中には休職期間中もある一定の給与が出るところもあ…

続きを読む

約3か月ぶりの投稿です。再出発します。

こんにちは。お久しぶりです。 コンピューターが壊れてしまい、なかなか新しいPCが手に入らなかったのです。 でも今考えるとスマホからも投稿できたんですよね。笑笑 新しいPC(中古)も手に入りこれからブロブ再出発!! ちょうど会社を退職してから3か月にもなります。 うつの症状はだいぶ良くなってきて、少しづつ外出できるようになってきました。 まだ離婚もせず何とかかんとか暮らしています。 まあほんと妻には感謝です。 子供にはまだ病気のこと、会社を辞めたことは言っていません。 なんせ、思春期真っ只中なので。。。 しばらくは、この3か月間のことを書いていきます。 病院は2週間ごと診察に行き、薬は変わらず、できるだけマイペースで リハビリしてくださいと先生からは言われています。 決して焦るな と この回復期に焦って無理すると、特に私のような躁鬱の症状の人は 特に気を付けたほうがいいそうです。 気分がハイな時にがんがん無理すると 落ち込みがその分大きくなることが多いらしい。 最近はできるだけ自然の多いおころに出かけて、携帯動画撮影して ユーチューブ始めるか。。 なんて考えたりもしています。 笑笑 さておき退職後の金銭的なこと、今後の再就職に向けてのこと などなど多くの不安になることが多いです。 ただ、不安ばかり考えていても病気はよくなりません。 明日以降特にお金の面なんかは詳しく紹介していきます。 …

続きを読む

< a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZJ8J1+BZNB4Q+50+2HPDPT" rel="nofollow">