うつ病には腸をきれいにするとよいという本を読んだ感想

こんな本を読んだ
 

"うつも肥満も腸内細菌に訊け 小林 祥司 著 岩波化学ライブラリー


なんと腸は脳になり損ねた器官だという。
うつ病にも大きな存在感のある神経伝達物質のセロトニンは、脳内では主に脳幹部で作られる。確かに私が飲んでいいる薬はセロトニンを増やす薬なので、確かにうつとセロトニンの増減は関係あるみたいだ。
この本では実はセロトニンは腸に存在するほうが断然多いとのことだった。なんと95%が腸管にあって脳にはわずか1%しかないのだそうだ。しかもセロトニンは腸の動きを支配していて、セロトニンが不足すると便秘に、過剰に分泌されると下痢になるのだそうだ。
腸でできたセロトニンが脳に直接影響するかどうかは、今のところ完全にはわかってないみたいだが、チョコレートとかでGABAって知ってますか?GABAも神経伝達物質の1種で、精神の安定や血圧の低下が効果あるらしい。このことは、腸で摂取されたGABAが脳に作用を起こして精神の安定、睡眠改善、血圧の低下、さしてはうつ病の改善にもなるとサプリメントや、チョコレートなどが販売されている。腸で吸収された神経伝達物質が脳に影響を与える研究によるもので、セロトニンにも同様の腸=脳の関係性があると仮設されているみたいだ。

たしかにうつ病や肥満は食生活の変化や生活様式の変化によって出てきたいわば現代病ともいえると思う。特に食生活の変化が大きいとこの本にもかいてある。人間はそもそも猿なので、基本ベジタリアンだったのだ。それが、狩猟を覚え、栽培を覚え、なんでも食べる種に変化していままで生き残ってこられたのだと思う。その食生活がますます多様性、簡便性をもって新たな食品を作るようになっている。その代表格がファーストフードなんでしょう。この本にかいてあるとある実験を読んで、多少驚いたが、そうだよなと納得する部分が大きかった。
イギリスでの実験。ファーストフードだけ食べ続けて腸内細菌の変化を分析する実証実験がある。
10日間ハンバーガー、ナゲット、ポテト、コーラだけをとり続け、実験前から実験後まで毎日の便を複数の研究所に送ったそうだ。
実験開始3日目で体調が下り坂、1週間で顔色が悪くなるほど不調。10日終了後すぐに野菜と果物を求めてスーパーに駆け込んだそうだ。
結果は、腸内細菌の種類が40%減、ビフィズス菌は半減し腸内細菌グループが崩壊し全く違うものに変わってしまったそうだ。
人間の全細胞数は約37兆個だそうだ。その3~30倍の数の細菌が腸に存在しており、重量はなんと1~2KG。
そう考えると、腸をきれいにするのは納得させれる。腸活、腸内フローラ、善玉菌、悪玉菌、ビフィズス菌などなど多くのトクホ商品、健康食品、食品で耳にするしよく見る。

確かに、いままでの私の生活は腸にとっては良くなかったなと思う。すこし反省だな。
もう少し腸の事について調べて、腸内細菌を良い方向に持っていけるように努力しようと思う。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメントくださーい。
あと応援お願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村











この記事へのコメント

< a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZJ8J1+BZNB4Q+50+2HPDPT" rel="nofollow">