今日はお金の話

10man458a9691_TP_V.jpg

うつ病にかかわるお金をケースよつて分けます

  1. 会社在職中
  2. 会社休職中
  3. 会社退職後


ただし、今回は社会保険加入の会社に勤めている方が対象です。

会社在職中



うつを発症したが、治療しながら会社で継続できる制度は「自立支援制度」があります。
この制度は、市区町村が窓口になり必要な書類をそろえて申請するものです。

*うつ治療にかかわる費用(診療代、薬代)が1割負担になります。
私の場合、一回の診療代、薬代が約3000円かかっていましたが、この制度を利用して約1000円程度に抑えることができました。
うつの場合、普通の風のように病院1回行って薬もらって治るようなことは全くありません。長期に通院する必要があるので、この制度は非常にありがたい制度です。ただし、1割負担は通院する病院1か所、薬局1か所しか登録できないので注意が必要です。
たかが2割の違いだけれども、2週間に1回通院すると考えると、年間2万円以上も負担が減るんです。ちなみに会社には連絡は全くいかないので自分から言わない限り、会社にはわかりません。
手続き方法や必要書類は地域ごとに違ってくるみたいですので、調べてみてください。私は、病院が申請手続きまで全部やってくれました。


会社休職中



会社休職中のお金にかかわることは、その会社により変わってきます。私の場合、休職期間中の給与はゼロ。住民税、健康保険料、厚生年金は会社がいったん建て替え。その分会社に振り込み。中には休職期間中もある一定の給与が出るところもあるみたいです。
また、その休職による原因が会社にあるのかないのかでも変わってきます。原因が会社にある場合は、労災になるのでここでは省略します。

*傷病手当金制度
休職期間中病気、けがのため会社を休職している間手当金がもらえる制度です。これは社会保険の協会へ申請します。
所属している協会によって方式は違うと思いますので、チェックしてみてください。私は協会けんぽの健康保険証でした。
保健所に記載しているOO支部に申請します。申請が通れば傷病手当金が支給されます。
金額は? 過去1年間の給料額面平均の約2/3とざっくり思ってください。(手取りじゃないですよ、手当など含んだ総支給額です)
例えば 基本給25万円 残業 2万円 家族手当、住宅手当2万円、通勤交通費1万円 で額面30万円とすると、手当金は20万円ということになります。ただし日割り計算なので30日の月と31日の月や特に2月は28か29日間と若干のずれはありますが。

そこから税金、保険を支払っていきます。税金は住民税、健康保険料、厚生年金。給与明細で念のため金額を確認ですね。保険から出ている手当金のため所得税はかかりません。なお住民税は昨年の期間にかかる税金であるので、かかってきます。言い換えれば次の年の住民税はこの手当金分はかかりません。
会社から休業手当をもらっている場合はその差額分が支給。有給休暇の間はもらえません。
いづれにしても、詳しくは所属している健康保険組合に問い合わせするかホームページ見てください
*自立支援制度
在職中に記載している制度です。

休職中こんなもんです。復職に向けて体調をしっかり整える期間ですよ。
私は、残念ながら6か月の休職期間で復帰できませんでしたが。。。


会社退職後



会社退職後は完全なプータローです。
退職後結構手続きがいるので忙しいです。この手続きは後日書きますね。

*傷病手当金
この傷病手当金は退職後も継続してもらえます。金額は同じ。ただ、たしか辞める前に1年間保険料を払っていない人は延長できなかったはずです。この手当金は最長1年6か月継続できます。もちろん病状次第ですが。私の場合、6か月間の休職期間だったので、退職後1年間は継続できます。しかし、しかし、しかし 保険、税金は必ず払わないといけません。
厚生年金は退職後国民年金に切り替え毎月支払っていきます。
健康保険。退職後に社会健康保険を任意継続するか、国民健康保険に切り替えるかで金額は変わりますが、毎月支払いが必要です。
で、で、で一番ヘビーなのが住民税。退職前までは会社通しての徴収のため月ごとに天引きされてましたが、退職後普通徴収に切り替わり突然3か月分の振込用紙が送られてきます。目が点になってしまいました。即 払えませんと相談に行きました。必殺分割払いにしてもらいました。
減額もお願いしたのですが条件合わずで分割払いまででした。実はこれ本当に怖いことで、払えないからと言ってほおっておくと延滞料がきっちり上乗せされ、挙句の果てには財産の差し押さえまで発展するケースもあるみたいですよ。

あと大きな落とし穴があって、退職最終日に挨拶とか荷物まとめとかなんかで会社に出勤し、1日でも給与が発生してしまうとこれ延長不可。6か月で打ち切りなので、これ要注意ですよ。

*自立支援制度は引き続き継続



総括すると

①自立支援制度は会社に関係なく申請可能。国民健康保険でも申請OK。
②傷病手当金制度 社会保険加入の人で休職開始4日目から1年6か月最長支給される手当金(金額はざっくり額面の2/3)

意外と知っている人は少ないのでぜひ参考にしてください。
詳しく知りたい方はコメントで質問のOKですので、お気軽にお問い合わせください。

それでは、ありがとございました

この記事へのコメント

< a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZJ8J1+BZNB4Q+50+2HPDPT" rel="nofollow">